2006.04.14

自治会の思い出[1/4]


現在、大学院に働きながら通っていますがいろいろな経緯から院生会の分野(クラス)代表をしています。働きながらと言っても私の場合はサラリーマンじゃないのできつくはなく、今は社内のプロジェクトで厄介な2案件を終えれば出来るだけ注力しようと思っています。院生会というのは学生の自治組織で元々は自治会と言っていましたが、自治会というと闘争とかアジるとかあまりいいイメージがないので、院生会って名前の方がいいねってことで暫定的ですがそうなっています。

私は根本的にめんどくさがりで、こういう事もやりたがりではないので、大学院に入る前に私がこういう事をするなんて想像していませんでした。現に昨年の11月くらいまでそう言う事をするのが好きな人達に任せていました。それがどうして私がやる事になったのかはここでは述べませんが…

ここでの思い出は学生自治会の事です…そう、大学時代のこと…今を振り返る事14年前の事です。物理学科を目指していて、それならば国立の理系という事で成績も良くなかったため1浪してやっと琉球大学理学部物理学科に滑り込み、青い海青い空の沖縄で大学生活をスタートさせました。そこでのんびり生協前を歩いていたら拡声器を持って大きな看板の前で演説をしている数名がいました。その人たちが学生自治会のメンバーだったのですが、当時湾岸戦争で自衛隊の海外派兵問題などが世論をにぎわせていた頃で、彼らはすさんだ感じの出で立ちで派兵に対して反対だという主張を展開していました。尚かつ、「派兵を阻止するぞぉー!エイ、エイ、オォー!」なんてやっていて、休み時間だった事もあって、いわゆる学生運動というのが未だにあるんだなぁって知ってある種の感動を覚えました。阪大が実家の近くで今でもそこに住んでいますが、阪大の校内も歩いた事があったし、センターもそこで受けたのですがそういう看板もなければ、そういう運動もやっている気配もなかったのでそういう物はテレビで懐かしの映像でしか観られないものだと思っていましたから…。

あの手の学生自治会が強い学校とそうでない所と分かれています。で、どれも同じように見えますがいくつかの団体に分かれます。日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(革マル派)、革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)、日本民主青年同盟(民青:共産系)、などがあります。うーん、プロレタリア何とかって言う団体もあるって聞いてたけど調べても出てこないな…。ちなみに市大は中核派のアジトになっているみたいなんですが本当のところはどうなんでしょうか…???

まぁ関心のない人から見ればどれも同じようなもんで私自身もさっぱり違いはわかりません。しかしこれがいろいろあって、お互いが反目し合っています。で、当時私の大学では革マル派が牛耳っていて、細々と民青が活動しているという状態でした。あとは宗教系が単発で出没するという感じで、たまに私のアパートにも来ました。東大や京大だと様々な組織があるみたいですが、まぁ田舎だとこれくらいでしょうか。ただ、琉球大学は沖縄という特殊な立地上、革マル派としてはそれなりに重視していたようで、噂ですが京大を退学した人が琉球大学を受けて入ったとか聞いています。ああいう活動をする人は大体が田舎の出身者が多いみたいです。で、休学や留年を繰り返して卒業することなく、何で食っているのかわからないですがずぅーっと居座っています。卒業してだいぶ経っていますが、たまに大学に行くと未だに見た顔がありますから…(;^_^A

カテゴリー: つれづれ, 大学院 パーマリンク

Trackback URL

コメントは停止中です。