2008.01.20

引越しのサカイの思い出

サカイ引越センター」のCMと言えば、その昔はチョビ髭のおっちゃんがリンボーダンスやったりとか大阪のおばちゃんが闊歩しているデフォルメされた大阪を演じていたが、現在のCMはコンセプトを「さわやかさ」にしていかに浸透させるかという徹底した思惑のわかりやすい展開をしている。

昔…7,8年ほど前に一度だけ取引をしたことがある。CMを見る度にその時のことを思い出す。当時は自分の会社も分譲マンションを手がけていて、そこの引っ越し需要を狙っての営業がチラホラあった。サカイ引越センターの目当ては奈良の新規分譲マンションを包括的に取り扱いたいと言うことだったが、当時天王寺の杭全(くまた)に5戸ほど分譲マンションが売れ残っていた。販売委託している会社に問い合わせると特に提携している引っ越し業者もないということなので、そちらを紹介することにした。

だいたいの業者がそうであるみたいであるが、引っ越し見積の1割がバックマージンとしてうちに渡される仕組みであった。1割と言っても10万~20万くらいの引っ越し見積なのでうちの会社にはいるのはせいぜい1~2万円くらいだ。正直な話、3,000~4,000万円の品物を売っているときに1~2万円なんてどうでもよくて、マンションをいかに売るかという話が日々の悩み事で、浴室乾燥機がないから嫌という客がいたら付けたら買うのか?って詰めさせて買うなら付けるというやり取りをしていたくらいだったわけで、私が一生懸命引っ越し業者の斡旋等するはずがない。

それは販売会社も同じ事で、聞いたところ引っ越しを斡旋しても何もないとのことだった。やる気あるのかな?って思っていたが、次第に杭全のマンションもほとんど売れたのに、案の定ほとんどサカイ引越センターは契約を取れていない状況だった。結果としてはモデルルームにパンフレットを置いただけだった…ということだ。

そうもしているうちに奈良の分譲が始まる頃に、うちの会社の近所に大阪営業所がある「アリさんマークの引越社」がうちに営業に来た。当時は赤井英和をイメージキャラクターに使い出した頃で有名になりかけ…であった。話は変わるが大手の引っ越し業者は女性社長が多いみたいで興味を持った。そろそろ引っ越し業者も競争激化でM&Aも起こるだろうなぁと思っている。

話を戻して、引越社とはバックマージンに関しては額を決めはしたが、それはうちがもらうことをしないことにした。で、そのマージンをうちの叔母が絵描きなので、叔母に描いてもらった絵をお客さんに贈ることにした。まぁ、その端数くらいはうちに入金されたかも知れない。マンションを購入した人達の多くは資金的に余裕がある人は少ない。新築マンションに泥棒に入るのは無駄足だと知っといて欲しい(笑) そこで殺風景になりがちな壁に…トイレの壁とかかも知れないが…飾る物を贈りたかったし、叔母の絵や名前が売れればいいなぁ…と思ったわけである。しかしそれはそれで勉強になることが多かった。絵はバックを描くのが大変とか、額縁代もバカにならないとか…。

引越社もまぁ営業の為もあるが協力的で大体計画が固まってきた。ま、もとより複雑な話でもないし。そこにサカイ引越センターの営業のオッチャンが電話をかけてきて、奈良の物件の話を持ち出してきた。担当を引越社にしたことを告げたのであるが、驚いて「うちにするって言ったじゃないですか!?」と言ってきて、すぐにうちに訪問すると言って「来たところで変わらないです。」と言ったがきかなかった。実際の所、杭全の話以降もほとんど連絡はなかったし、私自身はそれを見て決めると言ったが、彼の中では営業成績に入れていたのだろう。

実際に杭全の物件は記憶が定かではないが1件決めたか決めてないかという状況であった。そこにその担当が来て「うちにすると約束した。」とか言いがかりを付けてきた。それもかなり睨みをきかし、凄んできて普通ではなかった。私が杭全の物件のことを言うと販売業者が悪いと言っていたが、奈良の物件も同じ販売会社ですが?…とやり取りしていた。まぁ私みたいな父っちゃん坊やなら脅したら何とかなると思ったのかも知れない。私も不動産屋の端くれだし、脅されてビビるわけにはいかないし、私の話なので専務に応援を呼ぶつもりもない。そして状況をひっくり返せないことを悟らせて引き取っていただいた。

昔のシャレの宣伝なら何とも思わないが、今の爽やかさを過剰に演出する宣伝を見ると虫酸が走る。だいたい、犬が何十匹といるのも知らずに引っ越しが出来るわけないだろ? 参考URL:サカイ引越センターCM

カテゴリー: つれづれ パーマリンク

Trackback URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください