2008.10.14

またまたVGAクーラーを交換


電源着けっぱなしにしている家のデスクトップ機ですが、家に帰ると落ちているときがあるんですよねー。なんでやねん。

うちのデスクトップ機の中身 メモリと先日着けた ZALMAN製VNF100を触ってみるとかなり熱い…原因はこれかなぁ…? よくわからないけどメモリーファンの取り付けとVGAクーラーをもうちっと容量が大きそうなのに変更することにしました。折角着けたんだけどなぁ…。しかし、ASUSのLion Squareは壮観やな(笑)

下の写真の薄い青で3連のファンがあるのがCorsairのメモリクーラーです。メモリのヒートシンクのオプション品の位置づけのようでメーカーのサイトではイマイチ説明がありません。買うときは普通に単品で売っていたんでちょっと意外。Asciiの記事の方が詳しいです。意外に古い製品なんやね。幸い音自体はそこまで大したことがないです。構造が単純なのでスペースがあれば大体のメモリに適合するはずです。キューブ型のPCに入れようと思ったけどさすがにそれは無理でしたが。ケースを開けて動かしてみましたがメモリの温度は普通にさわれるレベルになっています。キューブ型も普通の小さいファンをメモリに着けましたが結構効果あるみたいです。

Lion SquareとCorsairのメモリクーラーとVGA 奥の青いファン付きがCorsairのメモリクーラー ZAWARD製ZAV-Accelero S1 REv.2B

ZAWARD製ZAV-Accelero S1 REv.2BとTurbo Module今回購入いたしましたのはZAWARD製のZAV-Accelero S1 REv.2Bです。念のためオプションの専用ファンTurbo Moduleも買っておきました。あかんくてまた買いに行く方が面倒だし買いに行って商品がなかったも最悪ですしねー。この手合いの物って廃版になったら手に入れるのが難しかったりしますんで保険として。大人買いですね♪ VNF100よりは面積で1.5倍はあるんじゃないかな?という大型の物です。PCによっては入らない物もあると思いますからチャレンジです(笑) 実際に、VNF100と占有するポートが逆側になりますので刺しているカードの移動が必要でした。

ZAWARD製Turbo Module ZAWARD製ZAV-Accelero S1 REv.2B ZAWARD製ZAV-Accelero S1 REv.2Bと比較のためのB-CASカード(普通のキャッシュカードと同じ大きさ)

さよならZALMAN製 VNF100 ZALMAN製 VNF100のチップ側 ZALMAN製 VNF100を外しました。

VGAチップの拡大写真 ZAV-Accelero S1 REv.2Bにグリスを塗って… ZAV-Accelero S1 REv.2Bの足。ちょっと加重が大きいかもなぁ。

メインチップ以外のクーラーはそのままにしましたが、意外と取り付けは簡単でした。まぁ、前回で慣れたのかも知れないけど。ぃゃ、VNF100ヒートシンクの組んだりしないといけなかったけど、こいつはネジ止めだけで良いんでやっぱりこちらの方が簡単です。でも機器としての精度は見た感じとしては低い感じがします。でも精度が悪かったとしてもこんなのは放射面積が物を言いますからあまり関係ないかな。

デカ! 取り付け完了! ZAV-Accelero S1 REv.2Bのヒートパイプ 再インストール完了! ぅー、ギリギリっす(^_^;

何とか入りました。HDDポートと3cmくらいしか余裕ないかなぁ。SATAケーブルの引き回しもそれなりにまとめないとヤバイかも。

追記

お陰様で落ちなくなりましたo(^-^)o ヒートシンクも触ってみてもほんのり温かいだけで問題なさそうです。

カテゴリー: コンピューター, ハードウェア パーマリンク

Trackback URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。