2008.12.31

ThinkPad s30 調教記


ちょうど2年ほど前の2007年2月にヤフオクでThinkPadのs30を落札してしまった。10.4インチモニタのCPUはSpeedStep搭載の600MHzで、マザーボードの関係でメモリは256MBまでしか増設できないという今となっては非常に低スペックなPCです。

例え1年前であっても低スペックには変わり有りませんが、ミラージュブラックというピアノ調のフィニッシュ(塗装)が発売当時あこがれで欲しくて落札してしまった…と言うわけです。今のThinkPadはトップカバーはそうでもない感じだけど樹脂成形の樹脂の色そのままで、あまり仕上げはいいとは感じられません。ThinkPadの600が自分にとって初めてのパソコンでしたが、ピーチスキンというフィニッシュでしっとりしていて良い感じでした。まぁ一部ではその塗装がはげるというので問題になっていたみたいだけど…まぁ、ハードに使うとそのうちはげてくるわな。

Intel 2915abg 私のs30は正式にはThinkPadのコンシューマ用のiSeriesで2639-4AJって型番で無線LAN内蔵モデルです。s30は[有線LAN+IEEE 1394]か[無線LAN]かの排他使用みたいで、2639-4AJは有線LANとIEEE 1394のポートはふさがれています。デフォルトの無線LANは11bのみでセキュリティもWEPしか使えないしょぼいものです。Intelの2915abgを買いました。

ま、無線LANの話は置いといて…。電源を入れるとHDDがムチャうるさいので100GB、7200rpm、流体軸受けのHDDに交換したら静かになりました。他のThinkPadはネジ1本外せばHDDの交換が出来るんですがs30はそうでもなく、ちょっと手間取った。

s30内部外見は結構ドロドロだったんですが(そういうのって掃除してから出品してもらえない物なんかなぁ…?)、溶剤などを使って拭いてやるとかなり綺麗になりました。液晶に液晶の用のクリーナーの溶剤を吹きかけたら、真っ黒の溶剤がしたたってちょっと笑えた。で、B5サイズの液晶フィルタを購入してカットして貼り付けたらとっても良い感じです。

SSD入れてみました そこまでは購入してからすぐやったのですが、この年末は最近話題になっているSSDを入れてみることにしました。さしずめ「冬休みの工作」みたいなもんでしょうか。今時PenⅢ600MHzで超重いPCですが何とかなるかも知れません。このPCはSATAじゃなくてIDEなのであまり選択肢はないし、あまり良いのを入れてもしょうがないだろうと言うことでTranscend(トランセンド)のTS64GSSD25-Mという64GBのSSDを購入しました。

SSD部のアップ

SSDに段ボールのスペーサーを入れてみました ノートPC用の2.5インチHDDって一般的には9mm厚なんだけど、SSDは7mm厚みたいで若干スペースが空いてしまいます。うーん、持ち歩きの時にバタついても嫌だしなぁ…。s30の場合、HDDを金属のスライドカバーで覆っていますが金属カバーとHDDが噛み合って動かない状態にしているので浮いている状態はマズいかもなぁ。…ってことで段ボールを一枚噛ますことにしました。ほんまは熱伝導性がある物の方が良いんだろうけど。

元のHDDからTureImageでコピーしたイメージをブチ込んですんなり動きました! …が思ったより速くないです。7200rpmのHDDと変わらないです。まぁ、s30はもともと入っている超うるさいHDDが4200rpmなんで、そこから換装した人なら速くなった実感はあるでしょうけど。いろいろ調べたけど結局はバススピードに依存しているみたいでそんなに出ないようです。うーん、残念…orz ま、ぼちぼち可愛がっていきますわ。

カテゴリー: コンピューター, ハードウェア パーマリンク

Trackback URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。