2010.09.23

有朋自遠方来、不亦楽乎

梅田 20100923大学時代のオケ友達夫婦が大阪に来ました。旦那は一つ上の先輩で奥さんは私と同級生。奥さんの妹が名古屋で結婚されるとのことで、先に大阪に寄って食事でも…とのことでした。こちらは私と大阪にいる同じオケの先輩と。大阪の先輩もオケカップルだけど奥さんはお子さんが小さいのでお茶だけして帰られました。

ちょっと時間があったので梅田をぶらぶらしてホテルまで迎えに行きました。

梅田 20100923 梅田 20100923 梅田 20100923 梅田 20100923

梅田からポンテ・ヴェキオを望む先輩夫婦は沖縄在住で夜景の綺麗な都会っぽいレストランとのリクエストだったので、先日行ったポンテ・ヴェキオに行くことにしました。右の写真の真ん中の一番上の階なんだけど…ちょっとわかりにくいか(笑)

先輩夫婦は沖縄に行く時は泊めてもらったりしていつもお世話になっています。大学のあの時に一緒に過ごした人たちは私にとってかけがえのない財産です。涙も流したし本気で怒ったり喧嘩したり…。この二人も紆余曲折があって結婚したけど、収まるべき所に収まった感じです。彼らもお互い同様にあの時間で培った結びつきを超える人が現れないとわかって結婚することになったんだろうな。

水を頼むと有料のミネラルウォーターが出てきますw料理はそれなりのコース料理にしました。イタリアンなので料理自体は一人1万円を超えることもないです。ただ、水を頼むとミネラルウォーターが来てお金を取られる(笑) うーん、日本でそれはちょっとどうかと思うけど…。皆さんワイン好きなのでワインばっかり飲んでました。私はワインのことは詳しくないけどね。

ポンテ・ヴェキオの料理 ポンテ・ヴェキオの料理 ポンテ・ヴェキオの料理

ポンテ・ヴェキオの料理 ポンテ・ヴェキオの料理 ポンテ・ヴェキオの料理

ポンテ・ヴェキオの料理 ポンテ・ヴェキオの料理 ポンテ・ヴェキオの料理

ポンテ・ヴェキオの料理 ポンテ・ヴェキオの料理 ポンテ・ヴェキオの料理

ポンテ・ヴェキオからの夜景

景色も良くて喜んでもらえて良かったです。料理は奇をてらわずオーソドックスな感じです。失敗はなさそうなんで接待とかにもいいかもね。で、新地のBarで飲みました。でも祝日だったからお店が全然やってなくて結構さまよいました。

大阪の先輩夫婦も今回大阪に来られた沖縄の先輩夫婦どちらも見ていて羨ましいなぁ…って感じます。人生ってやっぱり山もあれば谷もあるけど、それを乗り越えてずっと仲良くやってる。もちろん私から見えないことも沢山あるだろうけど。ちょっと嫌なことがあればすぐ別れる…みたいなのって何なんだろうね。普通に生きていても嫌なことだらけやん…って思うんだけど。そう言うのを乗り越えて情が湧くというか愛は冷めても信頼しあえるような夫婦がいいのになって思うけど。特にこの人達みたいに大切な思い出や経験を共有していたらよりすばらしいなって感じる。婚活女はすぐ安定や収入を言うけどそんなのどうなるのかわからない。大企業でも倒産するのは周知の事実。旦那が首になったり会社が倒産したら離婚するの? それって愛人か単なる売春婦でしょ。困った時に二人で力を合わせて励まし合って切り抜けるための結婚じゃなければね。二十歳前後で知り合った彼らは当時から行く末も約束された存在でもなかったわけで…。木を切るのは簡単で一瞬だけど、育てるのには数十年、数百年かかる。そんなもんでしょ。

マトリックスのサングラスで集合写真(嘘)逆に羨ましくて独りぼっち感を感じることもあるかな。自分は何がダメだったのかな…って。楽しい時は一緒に笑って、悲しい時は一緒に泣いたらそれでいいんじゃないのかな…って思ってるけど、それではダメなんだろうね。独りぼっちと二人ぼっちは雲泥の差があるなぁ。

でも、こうやって自己紹介のいらなくて、そして「あ、あれね…」って話が出来る友達との時間は充実していて、ホントにあっという間に過ぎてしまいました。

まさに「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」でした。

カテゴリー: つれづれ パーマリンク

Trackback URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください