2012.04.23

上海で銀行のATMからVISAのカードでキャッシング

手持ちである程度円を持って行ったわけですが、毎晩飲み歩いたのがたたったので軍資金が底をつき始めました(笑) 特にT氏も手持ちの現金がないとのこと。普通の日本の銀行のカードはもちろん使えないのでVISAカードでキャッシングをすることにしました。

T氏は両替を後でいい…みたいにしていたんだけど、お店でカードは切れてもなんだかんだ言って結局現金は必要だし、初めは地元の両替屋を現地スタッフに呼んでもらったのですが両替の手間も馬鹿にならないです。それに両替は日本円がなくなれば出来ないわけで…。

Internationalカード PLUS現地の日本人スタッフに相談したんだけど、彼らはこっちの口座があるからキャッシングのこととか知らなくてネットを徘徊して情報を探しました。まぁ、私も日本でキャッシングなんて数えるほどしかしたことないけど…。言葉の壁と通貨の壁は大きいです。

アメックスやJCBはよく知りませんがICチップ付きの国際カードなら行けるんじゃないかなぁ…裏に上の写真にあるような「PLUS」って書かれていると思います。1日に下ろせる額は10万円相当らしいです。今回は上海の招商銀行のATMで下ろしましたが何故か上海銀行では下ろせませんでした。「PLUS」に入ってないのかな。でも他行でも下ろせました。

もちろん使いすぎにはご注意を!(笑) 請求が怖いよー (((゚Д゚)))ガタガタ

ちなみにレートは1元13円ほどで1回ごとに210円の手数料がいります。それに加えて20万円くらい借りたら今回6月頭に支払いで年利18%らしいんで「36,000円÷365×45日=4,400円」ほど利子が付きます。(私の場合は)セゾンの指定口座に振り込んだら利子は抑えられるみたいで、問い合わせて振り込むことにしました。それでも5/7振り込みで1,500円くらいの利子になるみたい。ぉー、こわ。

※[追記:2013/05/09]
新生銀行のカードだと初めから「Plus」の機能がついていて、口座から引き落とされます。手数料は取られますがそれはVISAでも同じですしレートも悪くないです。国内の銀行の方がレートは悪いと思います。これですと利子も取られませんので短期の留学や出張にもいいと思います。元から持っていたので口座にお金を入れて持って行くべきだったと後悔しました。

カテゴリー: 2012春-上海, 旅行・出張 パーマリンク

Trackback URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください