2012.04.25

さよなら上海


上海の集合住宅T氏と浦東新区の事務所に寄って私は昨日の調整したPCを返して現地スタッフの車で空港まで行きました。普通の人は普通に運転するようです(笑) 浦東新区から浦東空港はあまり行かなかった地域なのでちょっと雰囲気というか景色が違いました。そもそも浦東新区は「新区」と言うだけあって昔…多分15年前とはあまり何もなかった地域かも知れません。想像するに長江の三角州の端とは言えそのままでは使いにくい湿地状態だったのかも知れません。それを土壌改良して今の状態に持って行ったのかな。どちらにしても浦東新区から浦東空港は初めはニュータウンがあってそのうち田園地帯になります。

いわゆる「下駄履き」中国は個人での土地所有は出来ないと言いますが定期借地みたいな仕組みなのでしょうかね。どちらにしても道路に面している高層のマンションは大抵日本で言う「下駄履き」という下の階に商店を持っています。ただ塀や門に囲われた高層のマンション群あったりもします。やたらオープンなマンションとクローズドなマンションがあったりちょっと不思議な気もします。あとベランダがないのが多い。なんでだろ?

高層だけどぼろいマンション 浦東国際空港 浦東国際空港

浦東国際空港

浦東国際空港予定通りに着けたのでラーメンでも食べることにしました。現地スタッフが味千ラーメンあるよって言っていたので行くことにしました。てか知らんけど(笑) どうやら熊本の会社のフランチャイズ店のようです。味はまぁ…って感じ。餃子セットで60元だから中国ではバカ高の部類でしょう。それよりも二人で118元で料理がくる前に会計しろって言ってきて(まぁ、それはいいんだけど)120元払って、んで、料理が来て食べ終わってもお釣りを返さない。T氏がお釣りを奪還しろと命令されたのでしょうがなく英語でバトルしてきました。案外簡単に返してきたけどね。多分あれをどの客にもしてみんなの飲み代にでもしているんでしょう。舐めたらあかんで! ここでもボロかすに書かれてるな(笑)

カウンターも地平線が見えそうです 浦東国際空港 浦東国際空港

浦東国際空港帰りは上海航空とか言う航空会社の便になりました。どうやら行きの中国東方航空の子会社みたい。それがターミナルの一番端っこだったんですよね。で、乗り場が変更とか書いてるんですよね。最初と変更になってここになったって事かな?と思って無視していたのですが…変更でした。それもバスに乗ってパッセンジャーステップ(タラップ)で搭乗! いや、絶対初めっからその予定だったはずやろ! またターミナルの真ん中まで歩かせやがって。関空なんてあんなに小さいのに電車まであるのに ム━━━[○・`Д´・○]━━━ヵ

ルフトハンザ航空 ルフトハンザ航空 これからバスに乗ります

これからバスに乗りますまぁでもタラップで乗り降りは嫌いでもないんだけどね。滅多に歩けない滑走路を歩けるのがいいよね。雨やったらブチ切れするかも知らんけど(笑) で、バスに押し込められたんだけど、そのバスが大したサスもないのにかなり勢いよく曲がるのね。何かに捉まってないと立ってられないくらい。座席もないし。全く! しかしB737が3機列んでいるのを間近で見られたのは良かったです。壮観! しかしこれを見てやっぱ初めっからボーディング・ブリッジ使う予定なかったやろ!って思いを強くした次第です(笑)

上海航空B737が3機整列!

難民が飛行機に乗ろうとしている所…みたいな(笑) 浦東国際空港 手を振るT氏

上海航空タラップに「中国東方航空」って書いてあるから上海航空と関係あるんだろうな…と思った次第です。まぁ、タラップじゃないと今回の空港での写真はなかなか撮れなかったかな。HISの格安航空券だからしょうがないけどね。何でも日本の常識が通用する訳じゃないのを楽しみながら学べました(笑)

上海航空 上海航空 上海航空のまずい機内食

関空につきましたまずい機内食でした。ソーメンのびてるんちゃうの?って感じで。CAがベビーフェースで可愛かったのが救いでした(笑) 飛行機に乗ってる時間はほんと2時間くらいで近さをすごく感じた。沖縄も2時間だからね。まぁ、乗る前に色々儀式が多いのが国際線の面倒な所ですが…。

関空につきました

バスで伊丹空港行きにやっぱ日本は安心するね。Blogも2012年春-上海編は29本にもなっちゃいました。

楽しかった上海7泊8日でしたo(^-^)o T氏並びに中国現地スタッフたちに感謝です! また行くからね! 再見!

カテゴリー: 2012春-上海, 旅行・出張 パーマリンク

Trackback URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。