2012.06.13

コードでプラスチックが溶けてる

家のデスクトップ機が調子が悪いので入れ替えることにしました。で、よくある金属製ラックの高さを調整しないといけないので配線をやり直すことにしました。前から使っているコンセントなどをまとめるBOXを開けると電源ケーブルが当たっていた所が溶けてる…。

電源ケーブルで溶けたプラスチックBOX 電源ケーブルで溶けたプラスチックBOXとケーブル

うーん、ケーブルは色が変わってるだけだけど…。こんなのなるんや…。

↓これかな?

http://www.pref.kyoto.jp/shohise/15400119.html

塩化ビニールに含まれている可塑剤が接触していたプラスチックを溶かしたのが原因

塩化ビニール製のボールには、弾力をだすために可塑剤が加えられています。可塑剤を含むプラスチック製品同士が長い時間接触していると、可塑剤は含有量の多い方から少ない方へと移り、少ない方がその影響を受けて柔らかくなってしまいます。このため、ボールに含まれていた可塑剤が接触していたおもちゃを溶かし、それがボールに付着したものと思われます。

これは、プラスチック製消しゴムが引き出しの中や机の上で、トレー、名刺ケース、物差しなどプラスチック製の文具類とくっついたり、接触していた他のものから色移りして塩化ビニール製マットが変色するなどと同じような現象です。

カテゴリー: つれづれ パーマリンク

Trackback URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください