2012.08.22

最近の求人に思ふ


最近の求人に思ったことをtwitterに書いたのをちょっといじって再掲載。「人を育てない世の中」ともチョイ重なるけどね。

 

  • 店長候補、マネージャー候補という名の雑用募集。
  • 人材募集という名の使い捨て人間募集。
  • OJTという名の放置。
  • 充実した教育制度という名の自腹で休日にどうぞ。
  • 年寄りは年功序列で若者は成果主義という名の奴隷制度。
  • 子会社という名の階級制度。

 

最近、Sonyや松下、NEC、シャープが良くない。NEC系で働いたことがあるけど、正に上記のような感じだったんですよね。長期展望や戦略もないのに半期や四半期で結果を求める欧米型を取り入れて当然のような帰結になると思う。

具体的に感じることとして日本製のスマホの品質がとても悪い。ネトウヨはサムソンのギャラクシーを(i-Phoneの)猿まねだと批判するけど、正直日本製は猿まねというレベルにも達していない。スクロールが出来ない、すぐ固まる…私が持っているNECのMedias N-04Cは初め電話中に止まるバグもあったし、受話音量も小さいし、メールもとても遅くてイライラする。遅いのは今でもだけど。ギャラクシーの速さを見て正直驚いた。

「こいつらテストしてないのか?」

と思った物です。これからNEC製品をわざわざ買うことは決してないと思う。こいつら自分がこんな商品を買わされたらどう思うのだろう?…と思ってしまう。何度、壁に投げつけたい衝動を抑えたことか。何度、電池を抜いて再起動させたことか。

Sonyのカメラ(センサー)がギャラクシーに使われているのを「自社で作れば?」と言う人もいるけど、逆に評価して使ってもらえるだけまだマシだと言うことだ。使ってもらえなければ他のSonyのセンサーも使われなくなるかも知れない。例えばNikonがSonyのセンサーを一眼レフなどで使っているが、それがサムソン製になる可能性だって有るわけでしょ? シャープもi-Pad頼りでそれがなければ…。

NECではLinuxを使ってシステム構築とか、出産や子育てなど女性に優しい制度とかニュースリリースを出したりしている。でも、現場でLinux触れる人なんてほんの一握り。子会社では壊滅。だってNECの保守を請け負っているNECフィールディングでLinux触れる人なんて見たことないもん(笑) それにあそこは子会社の人が親会社に出向して親会社の名刺で営業活動する。例えばフィールディングの社員がNECに出向してNECの看板で営業する。その人が取った仕事はフィールディングに流す…って感じ。NECでは他にもたくさん子会社があるからNECプロパー(直属)か出向社員か中でもわからないし、出向社員でも誰がどこから来ているのかすぐわからない(聞いたらわかるだろうけど)。つまり、NECのフロアには出向社員ばかりでNECプロパー社員がほとんどいなかったりする。で、「出産や子育てなど女性に優しい制度」って誰が対象なんだろ?って思ってしまうような状態となっている。もちろん子会社の出向社員には関係ない話なんで。でもそういう中間マージンを搾取するためだけの子会社のシステムは今の時代に合っていないと感じる。

そろそろ気がついた方がいい。日本製がいいというのは過去の話だって事を。だって、若者を奴隷のように使って年寄りが暴利をむさぼる奴隷制度のような社会構造で明るい未来なんて有るわけがないもん。年功序列から若者だけ成果主義にすると年寄りは絶対に得をして若者は損をする。それは今の年金システムと何ら変わりがない。年金が信じられないように会社も信じられなくなる。その中で若者の会社への忠誠心が減ったと言われても当たり前と感じる。むしろ維持出来る方法なんて魔法だと思う。

年寄りは先が短いから20年で日本が完全に没落してもいいだろう。でも若い人…アラフォー以下ではそうはいかない。さて、どうしたものか?

追記

この長期の不況とデフレの原因の理由は色々理由はあるだろうが、私は上記のような「若者の財布から金を抜く老人」という構図が原因の重要な一端となっていると思う。

カテゴリー: コラム パーマリンク

Trackback URL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。