2006.02.21

この半年で


三度も葬式に出た。数年前に曾祖母が104歳で大往生してから久しぶりでした。曾祖母の時は意外と長生きするのも考え物だなぁって感じるほど寂しい物でした。何でも99歳で足を骨折して手術して回復して歩いていたという驚異的な人物でしたが、前にあったのはいつだろう…小学校の高学年の時だったはずだ。それは曾祖母の長生きのお祝いだったと思う。

で、半年前はその娘に当たる父方の祖母だった。曾祖母があまりにも長生きだったので親より先に行くかもとか弱音を吐いていたようだが。祖母にも前はいつ会ったのかよくわからない。あー、数年前に病院から退院する時に病院から家まで送ったかな。それが最期だったなぁ。ここら辺の理由はいろいろあるのだが、母と骨肉の嫁姑戦争をしていたと言う事と父が会いに行かないという事もあった。その昔は正月や盆は必ず行っていたが、私が大学を卒業してからは数回行ったくらいだったと思う。人は衰えてくるものだから若い奴をいじめてもいい事はないなぁという事だ。持って死ねるものとそうでない物がある。私の周りでも自慢好きの人も多いが自慢ばかりしていてもそれは何の評価にもならない。

数週間前にお坊さんである幼稚園の園長が亡くなった。何それ?と感じるかも知れないが、その祖母の従兄弟で曾祖母の甥である。私は年少と年中の2年間をその幼稚園で過ごした。当時、曾祖母が何かの用事で来ていた事があり会った事がある。偶然、グラウンドで遊んでいた時に見つけて「ひいばぁちゃん!」なんて言いながら駆け寄ったように思うが、よくよく何で曾祖母が職員室の縁側でくつろいでいたかは当時はわからなかった(笑) まぁ、あとやたら先生の番頭さんみたいな人が私が園長先生の親戚という事で構いたがっていたな。その当時に父方の祖父が亡くなり、法事の度に園長先生が来るので段々ではあるが関係を理解するようになった。祖母が亡くなった時はその園長先生も病床にあり、その息子や弟であるお坊さんに厄介になっていた。実際の所やっと最近ルーツが理解できてきたのではあるが…。折角だったし、弟さんも音楽が好きだという事と可愛い幼稚園の先生で彼氏募集の子でもいないかと思い遊びに行った(笑) その時は父方の父方の曾祖父の話などを聞かされた。要は檀家でその関係で祖父と祖母は見合いをしたのであろう。まぁそういう事もあったので、園長先生の訃報を聞いた時は仕事の合間を縫ってでも駆けつけた。まぁその園長先生とも曾祖母のお祝いの時にあったきりかな…。

この日は入江伸という塾経営者の通夜に行った。彼の状態が良くない事は数日前から聞いていた。調べればわかる事なので彼の経歴については述べないが、私が彼に会ったのは小学校の卒業を控えた正月だった。塾OBの新年会で鍋パーティ(もちろん、美々卯の「うどんすき[登録商標]」)だったが、その席で「悪ガキそうやなぁ!」と言われたのは今でも印象に残っている。その数年後に脳梗塞で倒れられて塾を閉鎖し療養生活を送っておられた。少し説明すると私の母が塾のOBであり1期生であった縁がある。昔の話を聞くと今でもそれがこうなったのか!?と同じ物の話をしているとは信じられない。当時は模擬テスト屋で塾ではなく、母に「うちに遊びにおいで、勉強見たるから」と今なら変質者とも勘違いされるようなノリで、同級生と通ったらしい。祖母が設備のなさから黒板を贈ったと聞いている。基本的には母のアッシーだったわけだが、こういう人に少しでも出会えて良かったと思っているし、塾には結局通えなかったが今ここにいるのはなにがしか影響があるはずだと思う。

まぁ別に首相から直筆の弔電が欲しいわけでもなく、医学部に行きたかったわけでもないが、それなりの事をした人はやっぱりすごいなぁと思う。私がいったいこれから何が出来るのかなぁっと自分に問いかけている。

カテゴリー: つれづれ | コメントする
2006.02.19

東京滞在16時間


昼過ぎに起きると、前日の鍼のせいか身体が重い。疲れが吹き出した感じ。でもお茶飲んだりしていると体も動くようになった。で、突如東京に行くことを決定。飲み会に誘われていたんです。まぁ久しぶりに遠出したかったし。

土曜日でしたが会社に行って下らない仕事を処理して、飲み会会場の地図を印刷して新幹線を確認して16時半の列車に飛び乗る。昔は沖縄に3ヶ月に2回って感じで行っていた時があったけど、案外乗ってしまうと拍子抜けするほど簡単についてしまいますね。当時の仕事場が奈良の時があって奈良から仕事を終えて関空に行って、最終便に飛び乗ったのをふと思い出しました。いつも移動していたらそうでもないんだろうけど、たまにこうやって動くとワクワクしていいですね。品川から新宿に行って飲み会の合流。

二件ほどハシゴして新宿より狛江の先輩宅へ。夜の新宿って恐ろしいほど人がいる。大阪と比べ物にならないのを実感。一度ゆっくり調査してみたいなぁ。写真は深夜0時の新宿駅構内。 夜の新宿駅

小田急の普通列車あと、驚いたのが、小田急に乗ろうと思うのにJRの駅から乗れること。前から思っているのがJR新宿駅ってじゃまだと思う。何だったら切符がなくても通りたい。定期がある人は普通に駅構内を通り抜けに使っているんだと思う。大阪だと近鉄とJRがかなり仲がいいけど、それでもこういう事はないなぁ。衝撃的でした。結構ぼろい車両に乗ると改めて阪急の気持ちよさを確認する。

ハチ公次の日先輩が名古屋に行くと言うことなんで、一緒に新幹線に乗って帰ることにする。何もなかったらもうちょっと東京でうろうろしたかったけど…電車代もかかったことですし(笑) 渋谷でハチ公を拝む。何度かハチ公前に行ったことはあるのですが、いつも人が多すぎて肝心のハチ公を見たことがなかったので、先輩にありかを教えてもらって撮影。それにしても東京はミニスカの子が多いなぁ。昨日の飲み屋でもパンツ見えそうな子が結構いたし。いいことです(笑)

渋谷からJRで品川に行って、時間があったのでお茶を飲んで新幹線に11時の列車に乗り込む。先輩とはいろいろ話せて良かったな。先輩は一人だったら多分寝ていたんでしょうけど…。確かに品川に駅が出来たのは便利だ。新宿に行くのには東京から中央線かちょっと微妙でみどりの窓口のおねぇちゃんに調べてもらったんだけどね。一緒に懐かしい友達と飲めて楽しかったです!

新幹線の車窓より

カテゴリー: つれづれ | コメントする
2006.02.18

昨日は鍼治療


こーみえても、癒しスポット好きです。定期的に行くのは鍼とカイロとタイ式マッサージ。鍼治療は月一で通っている先生があるのですが、その先生の予約は月末なんですぅ。で、予約なしで行ける梅田整骨院に行きました。

こことのつきあいは結構長い。大学卒業してから生まれて初めて鍼治療を経験したのもここです。初めは整体とか受けていたけど、アレルギー症状に鍼も効くとのことで受けてみると、火照りとか取れたのでちょくちょく受けていました。昨日は首の上の方…頭蓋骨の周縁部とでの言えばいいのでしょうかね…が鬱血した感じで頭痛がするし、そこら辺に鈍痛を感じる。それに眠れない。まぁ普段からなにがしかの不調はあるのですが、ちょっと我慢できないほどでした。カイロの先生にふられたので、梅田整骨院へ。場所は大阪駅前第1ビルのB2のステーキハウス・トライと西梅田駅の間の通路にあります。

今日は気合いを入れて、鍼と整体をお願いする。仰向けになって数本置針。置針とは鍼を打って置きっぱなしにする技法です。若干、緊張していた部分が緩んでほんの少しですが寝てしまったみたいです。でもこれが至福の幸せ。そのあと、俯せになって首の固くなっている部分を含めて置針してもらいました。上手く表現できないですが「重い」に近い「痛い」。「ズンッ!」って響きます。目頭にズーンときます。あとは、散針。これは置針と違い針を刺したらすぐ抜くっていう技法です。これがねー、きつい。でもこれが効く。チクチクというよりはズンズンって感じ。鍼が嫌な人は我慢できないかもなぁ。しかしその後の爽快感があるからこそ耐えられる(笑) いやーでもきつかった。

次の日の本日に起きますと、体が重くて身体が動かない…揉んでないけど揉み返し? しばらくしたら動くようになったので会社に向かいました。

カテゴリー: 癒し | コメントする
2006.02.12

一眼レフの行方


書き出していきなり、レフって何よ?って思ったんですが「Reflex(レフレックス)」の略で「反射」という意味みたいです。

結構写真好きなんですよね。趣味なんかなぁ。最近は小さいデジカメを持ち歩いていますが、一眼レフを持っている女の子とかたま~に見かけると目がいきます。私が写真を取り出すようになったのは、学生時代にオケの写真を演奏会前後に撮ってくれる人が先輩の友達でいたのですが、学業が忙しくなって普通の写真屋さんに頼んだ時があって、それが全然いけてなかったんですよねぇ。我々は「人」を撮って欲しいわけですが、向こうは珍しいから「オケ」を撮るわけです。何撮ってるの?っていう感じのフレーミングになって退屈で何の感動もなかったわけです。まぁ逆に言うとその先輩の友達は上手だったんだなってわかったわけです。で、これくらいなら自分の方がいい写真を撮れるだろうって思ったわけです。だって欲しい写真はわかっていますから。父からフルマニュアルのカメラを借りて撮り出しましたが技術的に結構難しい。ピントもそうだし、露出やシャッタースピード、フレーミングね。まぁいろいろやっていると慣れてきていい感じなりました。評判も良くなったし、彼女が出来て撮りまくっていたりしたなぁ(笑)

スカイビル

一つアドバイスですが、人を撮る時に顔を中心に持ってくるのはあまり良くないです。そうすると上の空間が半分になって何を撮りたかったのかわからない写真が出来上がります。全体のバランスもあるでしょうけど上1/4くらいに顔を持ってくるのがいいのではないでしょうか。

数年前一眼レフ買おうかなって思っていると、母がいつの間にかEOS-Kissを買ってきていました。うーんNikonが良かってんけど…と思いつつ使ってみました。付属のレンズだとちょっと使いにくいなぁって感じて友達に相談しました。と言うのも、不動産関係でWebSiteに建物や部屋の写真を撮っていたのですが、建物はデカすぎて、部屋は狭すぎて画面に入りません。で、友達はEOS用の広角レンズを持っていて使いやすかったんで、借りていましたがそのうち買いました。カメラより高かった(笑) APSのカメラにその欲しいレンズがついていて、「レンズだけ欲しいねんけど」って言っても「カメラごと買って」って言われて買いました。カメラがついていてもヨドバシより安かったけどね。APSカメラは投げ売り状態でしたね。ほんまAPSは一瞬の瞬きやったなぁ。

そろそろデジタル一眼が欲しいなぁと思いましたが、先日Canonから出たEOS-5Dが35mmフル画角で興味があったのですがデカい…重い…。で、昨日いろいろサイトを見ているとフォーサースシステムというのがあってオリンパスなどが推進しているみたいです。私は今後はフル画角になるのかなと思っていたのですがどうやらそうでもないみたいです。ただ、NikonとCanonはこれまでのレンズの資産を残したいわけです。特にCanonはAFにするときに以前のマウントと変更していますから、ころころ変更するのも企業として考え物でしょう。フォーサースシステムが普及するのかなぁ。まぁ確かにフル画角にする必要はないと言えばない。それだけのクオリティーがあれば。フル画角のカメラがあんなにデカくなるならフォーサースシステムでもいいかなぁって思いました。でも折角買ったレンズとスピードライトを無駄にしたくないねんけどなぁ…。個人的にはコニカ・ミノルタはSONYにカメラ事業を売却とのことですがSONYはフォーサースシステムを採用する可能性もあるのではと思っています(どこにもそういう情報はありませんが…)。

スカイビルから淀川を望む

最近は一部でフィルム回帰の現象も見られますが、コンタックス、コニカ・ミノルタの撤退、Nikonのアナログから撤退しています。今後はフィルムがデジタルを凌駕することはないでしょう。CDとレコードもそうであったように。私自身も使っていて思うことはフィルムはコストがかかると言うことがあります。いけてる写真なんてフィルム一本で一枚程度です。5本程度のフィルムを使うと1万円程度のコストがいります。やはりそれってきつい。それに今はWeb関連でカメラを使うことが多いのでデジタルの方が都合がいい。そういう観点から最適な一眼レフカメラを探そうと思った今日この頃です。

カテゴリー: 写真・カメラ | 2件のコメント
2006.02.08

ギリギリの家族計画


紀子様がご懐妊だそうで。政府闇討ち状態って感じでしょうか。でも、何だかなぁ…第3子懐妊、今年秋ごろに出産の見込み…って年末年始にがんばってやりましたって聞こえるのは私だけでしょうか(;^_^A

これで女系天皇問題がどうなるのかは私も興味あります。ただ、今回生まれるのが男か女かわからないからねぇ。それに本質的には仮りにその子が男だったとしても天皇になることが最大の目標ではなく、その子が男の子供を誰かに産ませないと意味がないわけです。生まれてくる前から男の子供を誰かに産ませるという宿命を背負っているわけです。そこまで世の中予定調和ではないと思いますので、そういうことに政府が博打をやってもいい物かどうか…。

賛否は別にして女系天皇反対派の言っていること自体は私自身はもっともだと思います。しかし、あまり取り沙汰されていませんと言うか…まぁわかっているんでしょうけど言いにくい問題として、女系天皇か男系天皇かという二者択一の問題ではなくて、女系天皇か側室を置く(奥?)かという二者択一だと言うことです。事実上、男系を続けるのならば側室を設置しなければ継続は不可能だというのが識者では一致した見解で、それ故に諮問委員会は女系天皇の答申を出したわけです。今の世に側室って言うのもきついよなぁ。あったらあったでどうやってそのメンバーを決めるのか興味津々です。

でも皇族って大変ですね。ちょっと女遊びして孕ませちゃったってなったらどうなるのでしょうか?そういうのに限って男が生まれるんだろうなぁ…マーフィーの法則からすると。やっぱりそれって皇太子の子供なら皇位継承権第2位とかになってしまうんでしょうか…? 皇太子殿下がやった「人格否定会見」ですけど、あれはやっぱり雅子様に人工授精で妊娠させようとして切れちゃったんでしょうね。まぁね、大変でしょうよ、皇室暮らしも。拘置所が広くて豪華になったくらいに考えた方がいいと思います。でも、雅子さんの仕事って最終的には「男を産む」に集約されている訳でそれをキャリアもくそもないわけです。まぁそれで小泉首相や諮問委員会が可愛そうで…というよりは今後もこういう問題が繰り返されるだろうと言うことで女系天皇を選択したのでしょう。まぁどちらにしても皇室に生まれなくて良かったと思っています。それだったら女に不自由しているけど、自由な今がいい(笑)

で、ふと思うわけです。寬仁親王が女系天皇に対して反対の意見を出されていますが、秋篠宮殿下も同じく反対でそれを身をもって表明されたのではないかと…。私自身は明らかに明確な意図を持っての彼なりの家族計画だと睨んでいます。まぁ一時期秋篠宮殿下は不倫疑惑がありましたが、夫婦仲がいいってわかって良かったね!て感じです。

カテゴリー: コラム | コメントする
2006.02.07

ヒューザー・コーディネート


現在受講中のベンチャーキャピタル論さっぱりわかりません。明後日テストなんですが…どうしよう(>_<)

さて、…

ヒューザーの小嶋社長って初めの参考人招致でごっつい暴れていて、いかにも悪漢って感じをさらけ出していましたよね。札束でピシピシするのが好きそうで自分の思い通りに行かないとすぐ切れるって言うのが人相からもわかって、まぁわかりやすい分いい人なのかもな…なんて思ったり。二回目の参考人招致の時に眼鏡をかけていましたが、それをテレビで見た瞬間、これって伊達眼鏡やんって思いました。だって新品だったもん(笑) で、いろいろサイトや週刊誌でもそのことが言われておりました。ああいうのって誰かプロに頼んだんですかね。週刊誌を読むとそれだけでなく、ネクタイの締め方やYシャツの襟の大きさ、スーツの色やシングルかダブルかとかいろいろ書いていました。襟は小さくスーツもシングルにしてダーク系にしているそうです。ゆっくり落ち込み気味でしゃべって数珠まで持ってねぇ…。

東横インの西田社長は別の意味でやっちゃいましたね。「だってめんどくさいだもん」ってなぁ。彼の豹変ぶりもいい感じです。なんかこのままお遍路さんでもしてくれそうな勢いです。まぁあまりにも簡単に改装が出来たんで大した問題と思わずにどんどんやっていったんでしょうね。まぁ、マスコミも最近ネタを見つけては全社で叩くという風潮は見苦しくも感じますが…。

マスコミはさておき、で、思うわけです。小嶋社長も西田社長も絶対心の中では今をやり過ごせればしか思っていないと思うねんよねぇ。ホリエモンの金で買えない物はない的な発想をしている両者ですが、最近の若者ではなくいい年していますがどうなんでしょう。ヒューザーはかなり厳しいけど、東横インは夏あたりになってバッシングもやり過ごしたら「まぁマスコミもチョロいね」とか言っているんだろうなぁって思います。二人ともそんな感じの人間だと思うな。間違いない!

カテゴリー: コラム | コメントする